足を清潔にするようにじゅうぶん心がけ、靴も数足用意して毎日乾燥させ、足のニオイをケアしていても強烈な臭いがおさまらないという場合には、内臓などの疾患があることがあります。どうしても気になる場合は一度医療機関を受診してみることをおすすめします。

また、足の臭いに悩むかたは、水虫に感染していることも多いものです。水虫は白癬菌というカビの一種が原因でおこりますが、靴の中はこの白癬菌が繁殖するのにたいへん適した環境です。水虫に感染してしまったら、すぐに治療しなければなりません。この菌は容易に人から人へと感染しますから、病院での投薬の他に、バスマットやタオルの共有を避けたり、靴下や靴を安易に貸し借りしないことなどに注意しましょう。日光にあてて乾かすことで、バスマットなどに残った白癬菌は殺菌することができますので、こまめに日光消毒をしましょう。生乾きの状態で使用するのは厳禁です。

また糖尿病などの持病がある方は、水虫に感染しやすく、また治りにくいといわれています。このようなかたは面倒くさくなって中断しないよう、根気強く医師から処方された水虫治療薬を続けていきましょう。

家族にうつしてしまわないために配慮を怠らないように心がけなくてはなりません。

治ったと思っても残っている水虫菌

水虫は治ったと思ってもさらに1カ月くらいは菌が残っていることがあります。すぐにやめてしまわないできちんと完治させてしまいましょう。

薬用せっけんを用いて足を洗うと効果があるということですので、外出から戻ったらそういったものをしっかりと泡だてて洗いましょう。加齢臭対策と体の洗い方というサイトを参考にしてみてください。

家族のかたも気になるのでしたら、しばらくは足のケアを同様にすることもよいですね。

また最近では寒い時期にも水虫になることがあります。ブーツの流行や、銭湯などでうつってくるという場合もあります。

季節を問わず、水虫対策をすることが求められています。

このように足の臭いに悩むかたは、疾患の治療も合わせて行っていくことが大切なのです。