なかなか人には言えない悩みに、足の臭いがあります。

自分の足が臭ってる、って思ったことはありませんか?

誰しもふとした折に感じたことがあるでしょう。

夏場の暑いときはもちろん、冬場ブーツを脱いだとき。

男性のかたなどは、毎日仕事ではいている革靴などが臭いを放っているということもあるかと思います。

この気になる足の臭い、対策はできるのでしょうか。

 

足の臭い対策

 

足の臭いの原因は汗だと多くのかたが思っていますが、実は汗自体は無臭なのです。

本当の原因は、汗を栄養として繁殖する雑菌です。

この雑菌が繁殖すればするほど、臭いがキツくなります。雑菌の繁殖に必要なものは汗、皮脂、アカなどです。これらの栄養が靴の中の足にはたいへん豊富にそろっていますので、臭いが発生するのは当たり前といえるのです。

では、靴の中で雑菌が繁殖しにくいようにするにはどうすればよいのでしょうか。

まず、足をキレイにすることです。

爪をきちんと切り、指と指の間まできちんと洗うこと。水虫があると雑菌が大量に繁殖する原因となりますので、早急に治療することをおすすめします。

そして、靴下のケアも大切です。靴下が臭っているということが多いですから、可能であれば靴下の予備を持っておいて数回はき替えると効果はバツグンです。また毎日の洗濯の際には除菌効果のある洗剤を使用することも効果的です。

靴下を履き替えることがどうしてもできないという方は、抗菌処理のされた靴下も販売されていますから、それを試してみることもよいですね。雑菌が繁殖しにくいと臭いも発生しにくいものです。さまざまなメーカーからそういった靴下が出ているようです。

それから、靴そのもののケアも非常に大切です。

足や靴下は洗えますが、靴はなかなか洗えません。せっかく足や靴下を清潔にしても、雑菌だらけの靴をはいてしまうと努力が水のあわになってしまいます。

できるだけ毎日同じ靴をはかないで、中までしっかりと乾燥させるとよいでしょう。除菌スプレーなどを利用するのもおすすめです。

これらの工夫をするとしないでは、歴然の差があります。足の臭いに悩んでいるかたはぜひ試してみてください。