ちまたには足の臭いを消すグッズなどもたくさん出ていますが、忙しくてそこまで手が回らないかた、まずは身のまわりにあるものでなんとかしてみたいかたもいらっしゃるでしょう。

家庭でできる足の臭い軽減対策をご紹介します。

 

習慣にしてしまう

 

帰宅したらうがい、手洗いの習慣のある方が多いと思われます。

そのタイミングで続いてお風呂場で足も洗ってしまいましょう。

せっけんを使って足の指の間まできれいにすみずみまで洗います。

毎日の習慣にしてしまうと、足にたくさんいる雑菌が繁殖しにくくなります。

雑菌は24時間以上洗わずにいると繁殖してしまうといわれています。ですから毎日の足洗いの習慣を続けることで水虫の菌を含む雑菌の繁殖を大きく減らすことができるのです。

水虫の自覚のあるかたは、使用するバスマットも家族のぶんとは分け、毎日洗濯するようにしましょう。天日に干すと滅菌作用がありますのでなお良いでしょう。

 

家庭にある酢を使って足の雑菌を消毒することもできます。

洗面器にお湯を入れ、おおさじ2杯程度の酢を入れ、足を5分ほどひたします。

せっけんで足を洗ったあとに行うとさらに効果が期待できますよ。

 

足を清潔にした後は、よく乾かすことも非常に大切です。

水分が残っていると雑菌が繁殖しますから、タオルでよくふいて、はだしで過ごすことをお勧めします。寒い季節などは、かわいてからソックスをはくようにしましょう。

 

そして、靴ですが、贅沢に思われるかもしれませんが、3足をローテーションさせることをお勧めします。

1日はいた靴は、除菌効果のあるアルコールテイッシュなどでふいて、その後じゅうぶんに乾かします。天日に干すのも有効です。水分を残さずに雑菌を繁殖させないことがここでも大切です。

1足の靴を毎日続けてはくことは、上記の工夫をきちんとしていても、それを台無しにしてしまうのです。

なかなか靴を複数持つことは抵抗があるかたもいらっしゃるかも知れませんが、非常に効果がある方法ですのでぜひ試してみてください。