最近は、商品券やビール券などのギフト券をいただくことが、めっきり減った気がします。

代わりに電子マネーのギフトカードをいただくことが相次いでいます。

WAONとか、NANACOなどの電子マネーをチャージしたカードも、ギフトになる時代になったんですね。

 

でも最近、電子マネーの事件がありましたね。

あれは電子マネーという分類でいいのか分かりませんが、仮想コインであるビットコインというもの。

パソコンの取引でビットコインを買い、それを使って実在するお店で買い物ができるという仕組みです。

 

今回はそのお金を預かっている取引所がハッキングされて、ごっそり引き出されてしまい、資産がなくなり倒産してしまいましたね。

先にあげたような電子マネーの会社がハッキングにあったということは聞きませんが、かなりしっかりしたシステムでないと、ハッカーたちの侵入を許してしまうことになりかねないそうですね。

 

そう考えると、昔ながらの紙の商品券が一番いいような気がします。

持っている人しか使えないという、シンプルな構図。情報を抜き取られる心配はありませんからね。

実物を手に持てるという感覚もいいです。ビットコインなんて、コインのそのものが実在するわけではありませんから。

あまり便利になり過ぎても、現実的に起きる弊害はかえって大きいのかも。

電子マネーのカードはまだ実物として手に持てます。進化はその程度までにとどめて置いたほうがいいのかもしれませんよ。