Special message to the visitors

In this area you can put any information you would like, such as: special offers, corporate motos, greeting message to the visitors or the business phone number.

This theme comes with detailed instructions on how to customize this area. You can also remove it completely.

優子が健康についてほりさげます

Archive for 'プレゼント'

ずっと元気でいてほしい

もう間もなく父の日がやってきますね。

先日友人と話していたら、なんと故郷のお父さんが、父の日の前日に心臓の手術をすることになったと言っていました。

父の日は、無事手術が成功した状態で迎えられるといいな、と心から思いましたね。

心臓の手術と言っても、切開するわけではないそうです。首と太ももから管を入れて、それを心臓まで通して行うらしいです。

それほど大変な部類の手術ではないそうですが、やはり心臓を触るというだけに、心配はつきものですね。とにかく無事を祈りたいと思います。

 

父の日をみんなで祝えるというのは、考えてみたら、すごく幸せなことなんだなと考えさせられました。

まずお父さんが元気でいてくれること。そして家族みんながそろっていることで、はじめて楽しめるんですよね。

先月の母の日のときも思いましたが、去年はくったくなく祝日を祝えても、今年がそうであるとは限りません。

そう考えると、うちは去年も今年も、つつがなく母の日と父の日を迎えられそうです。

当たり前のようにみえて、実はありがたいことなんだなと思います。

 

父も、すごく元気に見えるんですが、もう70歳を超えたりっぱなおじいちゃんです。

いなか育ちで、骨太でがっしりしているんですが、最近はちょっとヨロヨロすることも増えてきて。

娘としては、少し心配なんですよ。

友人の話を聞いて、父にはいつまでも元気でいてほしいと、あらためて思いました。

定年してからごぶさたしているらしい健康診断も、今年はちゃんと行ってもらうように、父の日にはクギを指しておこうと思ってます。

アルバムよりもフォトブック

父の日に何を贈ろうか…と考え過ぎて煮詰まってしまっていたら、主人が「娘たちの写真をアルバムにしてあげたらどうか」というアイデアを出してくれました。

うちの父は部類の子ども好きで、私の娘たちをとても愛してくれています。歳をとってからの孫だったので、可愛くてたまらないみたいです。

 

ですが私、娘たちの写真は撮りまくっているんですが、現像することをしない人でして(笑)

デジカメになってからは、データをパソコンに落とすばかりで、プリントアウトすることがめっきり減りました。

12歳の長女が赤ちゃんだったころからの写真をプリントアウトしていくと、最高の笑顔ばっかり厳選したとしても、いったいどれくらいの枚数になるのか、見当もつきません。

 

主人が調べてくれたところによると、最近では写真データを送信するだけで、フォトブックを作ってくれるところもたくさんあるようですね。

父の日2014ギフトランキング。お父さんが喜ぶプレゼント

 

作ったことがあるという友人に見せてもらったら、これがまた素晴らしい仕上がりで。

アルバムに一枚ずつはさむよりも、さらに高級感があるというか、上質な感じがします。

かさばらないのもいいなと思いましたね。

 

まだ決定はしていないんですが、いくつかの会社のサイトを登録して、価格や商品を比較しているところなんです。

データを送信さえしておけば、こちらから送る荷物は何もありません。すぐに作成してくれて、送ってきてくれます。

百貨店やサイトも見てから決めるつもりですが、かなりの有力候補なのは間違いないですね。

2014年母の日

今日は、2014年の母の日でした。

実家の母にプレゼントを持って行きながら考えていたんですが、母の日に何かあげられるというのは、幸せなことなんだな、当たり前のことじゃないんだな、としみじみ思っちゃいました。

 

というのも、うちの母は、もう母の日に贈り物をすることはできません。

娘である私からもらうことはあっても、あげることはできないんですよね。

それを考えると、切なくなってしまいます。

おばあちゃんは長生きしたほうで、母はおばあちゃんにいろいろできたほうだと思うんですが、それでももうできないということが悲しいんだと思います。

 

母は、毎年母の日を迎えるたびに、そんなことを思っているんでしょうか。

そんな話をしたことがないので、私は想像することしかできないんですけどね。

 

まあでも、今日プレゼントを渡しに行ったら、今日が母の日であることをすっかり忘れている様子だったので、それならそんなしんみりしたことになっている心配もないか…と安心しました(笑)

母の日のたびに、ずーんとなっている母を見るのは、こちらも切なくなってしまいますからね。

あっけらかんと、「忘れとったわ!」と言ってもらえるほうが、何倍もいいですよね。

 

プレゼントを渡して、少し話をして帰ろうとしたら、いつものように「野菜持って帰り」と言って、ニンジンやらジャガイモやら、どっさり袋につめてくれました。

いったいどっちがプレゼントもらっているのやらと、おかしくなってしまった母の日なのでした。

お花のプレゼント

今日、一週間早いですが、お姑さんに母の日のプレゼントを持っていきました。

どうしようかといろいろ悩みましたが、お花の好きなお姑さんなので、めずらしいお花の鉢植えセットにすることに。

4階の屋上でお花を育てているんですが、まだ持っていないと思われるお花をそれとなくリサーチしておいて、「これは持ってなかったよね、確か」と主人と確認し合って選びました。

 

実際には何と言うお花なのか、名前は分かりません(笑)

4種類の寄せ植えなんですが、ひとつはクローバーによく似ているんですが、葉っぱが5枚あるものです。お姑さんも、「これは何やろうね?」と言っていたので、知らない品種のようでした。

 

もうひとつは、ランのようなお花ですが、ひとつひとつは結構小さいです。紫、黄色、ピンクがひとつの花弁の中にあって、華やかな感じのお花です。これもお姑さんは知らない品種のようでしたね。

 

そしてもうひとつは、定番のピンクのカーネーション。

この鉢にだけ、「カーネーション」というタグがついていました。

それは見たら分かるんですけどね(笑)

できればそれ以外の鉢に、花の名前のタグがついていてほしかったです。

 

お手入の仕方など、知っておきたいだろうなと思うので、ネットで検索してあげようと思っているところ。

一応お花の写真を撮ってきたので、時間のあるときに調べてみるつもりです。

あまりに育てるのに手間がかかったり、虫や病気に弱いものだったら困りますから。

できるだけ、長く楽しんでほしいですからね。

 

 

母の日グルメ、自分が夢中

母の日ギフトのサイトなんかを見ていると、最初は母のために選んでいるつもりが、だんだん自分のためになってしまっていて、ハッと気付くことがあります(笑)

 

今日も、ランキング形式の母の日グルメのサイトをふんふんなんて見ていたんですが、スイーツのところにくると、もう我を失ってしまって。

実際に私が自分のために買ったことのあるスイーツを見付けたりなんかしたら、「コレふたつ買って、ひとつは自分ので~」なんてついつい考えてしまいます。

母の日人気グルメ

 

そう思ってしまったのは、Le Taoのチーズケーキを見たとき。

たまに生協でも取り扱っていて、出ていたら必ず買ってます。それくらい大好き。

2層になっていて、ベイクドチーズケーキと、レアチーズケーキが重なってます。その上からふわふわのケーキクランチがかかっていて、見た目からなんともかわいいケーキなんです。

 

作られているのは北海道の小樽なので、とてもじゃないけれど自分で買いに行くのは難しい。

そんなスイーツを、ネットで簡単にお取り寄せできる時代になったんですから、本当にありがたいですよね。

 

最近食べてないLe Taoのチーズケーキ。普通のチーズケーキの他にも、チョコレートや抹茶もあるんです。

日ごろは自分のために、何種類も買って試すなんてことはしないんですが、母の日のためにという大義名分があるなら、それぞれ買って試しちゃいたいなっていう気持ちが湧いてきてます。

いやいやもっと、他に母の好きそうなものがあるだろう!っていう、もうひとりの自分からのツッコミも聞こえるんですけどね(笑)

 

父とおしゅうとさん

うちの両親、中でも特に父親は、ものもちがとってもいいんです。

たくさん持っていて溜め込んでいるというタイプではなく、もらったものを大切に長く使うという感じ。

昔の人ですから、字を書く時は万年筆を使うんですが、それは父のお父さん、私のおじいちゃんが父に、大学進学のときにくれたものだと言っていました。

私が子どものころに、先がどうにかなって書けなくなったことがあったのですが、きちんと修理してもらってその後も長く使っています。

今でも父が手紙やハガキを書くときは、その万年筆が現役で活躍していますよ。

 

私のおしゅうとさん、主人のお父さんは、同じくもらったものは大切にする人なのですが、こちらは溜め込むタイプです。

自分のお部屋を持っているんですが、その押し入れの中がすごいことになっていて(笑)

今80歳ですが、結婚してからの60年余りの間にもらったものの数々がしまいこまれています。

おしゅうとさんは使うのがもったいないと思うタイプらしく、普段使いには安いものを使って、新品のままでいただき物を置いておきたいと思うんですね。

ですからうちの娘が遊びに行ったりすると、「いつのだろう?」と思うような、年代物のボールペンや定規なんかをくれたりします。

主人は邪険に「そんなもんいらんわ!」なんて言い放ってますが、おじいちゃんからしたら新品です。かわいい孫にあげたくなってしまう気持ち、なんとなく分かります。

 

同じような年齢ですから、ものを大切にする姿勢は共通してますね。

もうすぐ父の日。何をあげようか、楽しく迷っているところです。

 

 

いただいた入学祝で

昨日上の娘が、中学校のクラブ紹介の冊子を持って帰ってきました。

娘はテニス部に入ろうと思っているんですが、詳細を見てみると、「ラケット6000円、ジャージ上下1万円、ユニホーム8000円…」などと、目を疑うような金額がズラリと並んでいます。

テニス部だけなんでこんなに高いの?と思って他のクラブを見てみても、似たりよったりな感じです。どうやら最初にそろえないといけないものが高くつくようですね。

 

うちでは普段、一般より多めのお小遣いをあげる代わりに、学校生活で必要なものをすべてそこから出すように言っています。

ですからテニス部の初期費用もそこからなんですが、やはり3万円の出費はムリですし、かわいそうです。

なので、主人の両親からいただいた入学祝を、それにあてさせてもらうことにしようかと主人と話しあいまして。

 

本人の貯金から1万円出させて、あとの2万円はお祝いから出させてもらうことにしようということになりました。

学校生活で必要なもので、しかも本人がやりたいと言っているものに使うのですから、きっとお義父さんお義母さんも喜んでくれるんじゃないでしょうか。

また次に会ったときに、こんなのを買わせてもらいましたと、写真か実物を持っていこうと思ってます。

 

お祝い、うちの場合はお金でいただいて本当にたすかりました。

フレキシブルな使い方ができるのは、やはり現金ならではです。

いろいろ物入りな新学期、いただいたお祝いでなんとかなりそうで、ほっとしている私たち夫婦なのでした。

難しいお義母さんへのギフト選び

今年もそろそろ、母の日のプレゼントで頭を悩ませる時期となりました。

母親の世代って、欲しいものはだいたい持っています。私の母もそれほど多くはないですが、年金をもらっていますし、働いていた時代の貯金もありますから、欲しいものは自分でたいてい買えます。そんな母に、何をあげるべきか。悩んでしまいますね。

 

それよりももっと悩んでしまうのが、夫の母へのプレゼント。

私の母よりも10歳年上のお義母さんは、何を喜んでくれるのか、正直言ってよく分からないんですよ。

だから結局主人にプレゼント選びを頼むことになってしまいます。

本当は私も、品定めに付き合いたいんですが、何を基準にしていいのかが分からなくて。

夫の母への母の日ギフト

 

一応心がけているのは、自分の母よりも少しだけいいものをあげることです。

私の母と夫の母が、「こんなものをもらった」と言って見せ合うことは、実際にはないんですが(笑)、気持ちの問題ですね。

金額のことには主人は無頓着なんですが、これは女性ならではの感覚だと思います。

ひょんなことからその事実を知ったとき、やっぱりお義母さんはうれしいと思うんですよ。

大事にされている感、差をつけてもらっている感みたいなものって、お年寄りには大切ですからね。

 

4月の中旬までには、プレゼントの目星をつけておこうと思っているので、そろそろお店に見に行かないといけませんね。

決めるのは主人ですが、品定めにはついていこうと思っている私な

カタログギフトで入学祝

春から中学生になる娘が、実家に行ったときに、私の父からカタログギフトをもらって帰ってきました。

父が結婚式かなにかでいただいたものなんですが、中学校の入学祝に何か選んでいいよ、ということのようです。

 

金額を予想してみたんですが、恐らく3000~4000円くらい。

何がいいかなあとあれこれ、ページの隅っこを折っています。

結婚式用なので、お皿とかインテリア用品とか、食べ物なんかも乗った分厚いカタログです。

12歳がいいと思うようなものはあるのかなあ?と後で見てみたら、アクセサリーや腕時計、ポーチセット、そしてスポーツ用品のところでけっこうお気に入りがあったようです。

 

「ひとつに決められない~」と言うので、「腕時計なんかいいんじゃない?」とアドバイスしました。

修学旅行のときに腕時計がいるというので、近所の雑貨屋さんで800円くらいの安いのを買ったんですが、すぐに動かなくなってしまったんですよ。

どうせならちょっとおしゃれな感じの、女の子らしいデザインのにしたら?と言ってやりました。

 

今さっき、「これにする!」と言って持ってきたのは、チャームがいくつかついた、可愛い腕時計でした。

クリーム色のバンドがついていて、何にでも合わせられそうです。

時間なんて携帯で見ればいいでしょって思う気持ちもあるんですが、時間を見るだけじゃなくて、おしゃれのポイントにもなりますもんね。

さっそく、この後ネットで申し込んでやろうと思います。

難しいベビーグッズ選び

私が20歳のときに生まれた親戚の子がいて、とっても可愛がっていたんですが、その子が突然結婚することに。

今21歳なんですが、8月に赤ちゃんが生まれるんだそうです。

あなたが赤ちゃんだったのに!なんて思ってしまうんですが、その子がもうママになるなんて…と、いろんな思い出が頭を駆け巡ってしまいます。

私のいとこである、その子のお父さんは、思いがけずに早く娘が結婚し、自分がおじいちゃんになることに、私以上に複雑な気持ちでいることでしょうね。

結婚でもびっくりなのに、赤ちゃんが生まれるんですからね!

 

お祝いに何をあげようか…と悩んでいます。

自分と同世代や少し下くらいのママになら、何をあげたら喜ばれるかだいたい分かっているつもりなんですが、21歳の若いママに何をあげるべきか。

育児のしかたも違うかもしれないし、使うグッズも進化しているだろうし…と思うと、どうにも決めきれないんですよね。

 

最終的にはお金であげようと思うんですが、赤ちゃんのときから可愛がっていた子なので、できるだけ「コレ!」っていうのを見つけてあげたいんです。

ベビー服もいいんですが、その子の趣味がちょっとロックっぽかったり、ゴスロリだったりするんで、趣味に合わないものをあげたら使ってくれないと思うんですよね。

おくるみか、ファーストシューズかな~と、とりあえず候補は出していますが、誰かとかぶってもいけませんから、事前のリサーチが必要です。

もしかしたら、今までで一番難しい、ベビーグッズのプレゼントかもしれません。