前回のブログでは、化粧品に含まれている良くない成分についてお話し、如何に化粧品選びが大事なことかということを提示しました。

それでは一体何を選べばいいのか?こういう疑問が生まれると思います。

現在、ドラッグストアで販売されている安価な化粧品のほとんどは、肌に良くない成分が含まれています。例えばノンシリコンシャンプー。これは「髪の毛に良くないシリコンを取り除いたシャンプー」なのですが、この言葉に惑わされてはいけません。

髪の毛に良くないシリコンを取り除いた代わりに、他の界面活性剤などを多量に添加しています。シリコンには髪の毛の汚れを落とす役割もあったので、それを除いてしまうと髪の毛の汚れがうまく落とせなくなります。

しかし「シリコン入り」シャンプーは売れない時代ですから、メーカー側は「シリコンを抜き、別の物を入れる」という手段を取らざるを得なかったのです。

この流れはノンシリコンシャンプーだけでなく、ノンオイルクレンジングにも当てはまるものです。

油であるメイクを落とすためには油を利用することが手っ取り早かったのですが、オイルが肌に悪いとされることにより、別の合成界面活性剤を利用せざるを得なくなりました。

「ノンオイルだから肌に良い」というのは、まやかしです。それであればオイルの方がマシだった、なんてものがたっぷりと添加されています。

流行やメーカーの宣伝文句に騙されず、自分の目で確かめることはあなたの肌を守るためにとても大事なことだと言えるでしょう。