Special message to the visitors

In this area you can put any information you would like, such as: special offers, corporate motos, greeting message to the visitors or the business phone number.

This theme comes with detailed instructions on how to customize this area. You can also remove it completely.

優子が健康についてほりさげます

Archive for 2月, 2014

塾の教材費の引き落とし

今日銀行に行って通帳記入したら、塾の費用が41175円も落とされていました。

事前に連絡をもらっていたので覚悟はしていましたが、実際に落とされるとかなりのダメージです。

普段は18000円くらいの金額なんですが、2月と3月で年間の教材費や運営費を連続で落とされてしまうため、こんなことになってしまうんです。

 

同じ塾に通わせている友人は、通帳を見てびっくりして、「なんか間違っていませんか?」と塾に電話してしまったとか(笑)

塾からのプリントをきちんと出さない息子を持っている母なので、引き落とし額を知らなくて、心の準備ができていなかったんですね。

塾に電話して恥をかいた母は、その後息子に「こんな思いまでさせて、大金払わせて、ちゃんと勉強してもらわな困るからな!」と厳しく言い渡したそうです。

 

私も先週引き落とされたときに、娘にその話をしました。

とても高いお金を払っているんだから、しっかり勉強しなさいね。塾で居眠りなんかするようだったら、やめてもらうからね、と言っておきました。

娘は一応神妙な顔をして「はい」と返事してましたが、さてどこまで親の苦労を分かっているのやら。

中学からは英数理を受講するので、毎月の受講費もさらに上がるし、本当に適当に行かれちゃ困るっていうのが親のホンネ。

わからないところは居残ってでも聞いて、しっかり理解して帰ってくるくらいの気合いを見せてもらわないと(笑)

そんな話を先程の友人とメールし合っていた今日の私なのでした。

増税で増える負担

いよいよ消費税が上がるまで、あと1ヶ月ちょっとですね。

周囲の主婦友達は、日持ちのするストック品を買い占めているようです。

例えば小麦粉や、おしょうゆなどの調味料。またカレールーなんかも安くなっているときに5個くらい買い物カートに放り込んでいるみたい。

私はけっこうのん気で、必要な分を買うこと以外にはなかなか気が回りません。

 

4月以降、ひと月にどれくらいのお金を上乗せで支払うことになるかと考えてみたのですが、とりあえず食費と雑費で6万円と考えて、3パーセントのアップですから1800円ですね。

頑張れば2日から3日くらい食べられる金額でしょうか。

そのほかにも通信費や光熱費など、あらゆる分野に3パーセントがかかってくるので、ひと月の出費をざっくり30万円としたら、9000円ものお金が余分に出ていくことになるんですね。

そう考えると、さすがに青ざめてしまいます。

 

とってもキリギリスな私ですから、9000円の節約を考えるくらいなら、働いたほうがいいやんと思ってしまうのですが、9000円を余分にいただこうと思ったら、けっこう働かなければなりません。

お昼のパートは自給800円ですから、約12時間余分に働くことになりますね。

これはかなりの負担です。

頼めばシフトを増やしてくれるんでしょうが、週に3時間余分に出るとなると、休日を削ることになりそうです。

今がちょうどいい配分なのに、なんだかバランスが崩れてしまいそう。

いよいよ増税ですが、いろんなところに影響があるんだなあとしみじみ実感しています。

 

債務整理の種類

お金を借りるときに、この借金を踏み倒してやろうなどと考えている人は、まずいないことでしょう。

でも予想外のことが起こるのが人生です。順調に仕事を続けていられれば、なんの問題もなく完済できたはずの借金も、突然職を失ったり、健康を損なったりして返せなくなることもあります。

そのようなときは、決して放置しないで、信頼できる人に相談することです。

 

いきなり弁護士さんなどの専門家に相談できなくても大丈夫です。

友人や知人を介して、そのような専門知識を持つ人につないでもらえる可能性が高いです。

債務を整理し、できるだけ貸主と借主の双方の痛みが少なくて済むよう、知恵を絞ってもらえるでしょう。

債務整理ガイド

 

 

なかなか自分に借金があることや、その返済が滞っていることなどは、人には言いにくいものですね。

一番身近にいる家族にも、もしかしたら言えないでいる人も多いのかもしれません。

ですが、何度も言いますが、放置しておくのは絶対によくありません。

自分も家族をも、いずれは苦しめてしまうでしょう。

最近ではパソコンで検索することができ、いろんな情報を集めることができます。この先不安だという方は、初心者向けのQ&Aのようなサイトを探してみるのもいいですね。

実際に誰かに依頼しなくても、まずは知識をつけることも有効です。

自分の債務をどのような形で整理するのが一番いいのか、債務整理の種類を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。