Special message to the visitors

In this area you can put any information you would like, such as: special offers, corporate motos, greeting message to the visitors or the business phone number.

This theme comes with detailed instructions on how to customize this area. You can also remove it completely.

優子が健康についてほりさげます

債務整理の種類

お金を借りるときに、この借金を踏み倒してやろうなどと考えている人は、まずいないことでしょう。

でも予想外のことが起こるのが人生です。順調に仕事を続けていられれば、なんの問題もなく完済できたはずの借金も、突然職を失ったり、健康を損なったりして返せなくなることもあります。

そのようなときは、決して放置しないで、信頼できる人に相談することです。

 

いきなり弁護士さんなどの専門家に相談できなくても大丈夫です。

友人や知人を介して、そのような専門知識を持つ人につないでもらえる可能性が高いです。

債務を整理し、できるだけ貸主と借主の双方の痛みが少なくて済むよう、知恵を絞ってもらえるでしょう。

債務整理ガイド

 

 

なかなか自分に借金があることや、その返済が滞っていることなどは、人には言いにくいものですね。

一番身近にいる家族にも、もしかしたら言えないでいる人も多いのかもしれません。

ですが、何度も言いますが、放置しておくのは絶対によくありません。

自分も家族をも、いずれは苦しめてしまうでしょう。

最近ではパソコンで検索することができ、いろんな情報を集めることができます。この先不安だという方は、初心者向けのQ&Aのようなサイトを探してみるのもいいですね。

実際に誰かに依頼しなくても、まずは知識をつけることも有効です。

自分の債務をどのような形で整理するのが一番いいのか、債務整理の種類を知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

円安傾向と庶民の生活

円安傾向というのは、日本にとっていいか悪いかといったら、いい方になるんでしょうかね?

私は経済に疎い普通の主婦ですが、円安傾向になってから、日本の経済も上向きになっているような気がします。

ずっと悪かった自動車産業がとても好調のようですしね。

ただそのせいで自動車の価格が下がるということはなく、利益は還元されることはないようです。

 

円安傾向が一般庶民に与える影響としては、観光でしょうか。

外国旅行がとてもしにくくなりましたね。

私たちが外国へ行きにくくなったということは、逆に外国人は日本に来やすくなったということでしょうね。

観光地で働く方々は、その変化を肌で感じていることでしょう。

 

もし我が家がアメリカ圏に海外旅行に行くとして、ホテルで1000ドル使うとします。

3年前に行ったときは確か、1ドルが80円くらいでした。今は1ドル103円くらいでしょうか。ざっと23円の差があります。

3年前は8万円で済んだところが、今なら103000円。

この23000円の差は、とっても大きいですよ!

飛行機代に、現地での食事やショッピング代もかかります。4人家族で一週間だと、5000ドル~6000ドルはかかるでしょう。

3年前と同じ内容の過ごし方をしても、10万円以上の差が出てくるということです。

これは、かなり厳しいですよ。

 

またホテル代というのは、場所にもよるかもしれませんが、毎年少しずつ値上がりしていくところが多いです。

値上がりにプラスして、円安の影響も大きいとなると、一般家庭に対しては、デメリットしかないように思えて仕方がないです。

病院へ行くにもお金がかかる

最近、子どもの通う小学校や幼稚園で、感染症がおおはやりなんです。

今日もお昼に学校から連絡がきて、新たに学級閉鎖になったクラスの報告が入っていました。

私が住む市では、中学生までは医療費の助成があります。これがすごく助かっています。

うちの12歳の娘が2歳になったころ、いったん医療費の助成が切れたことがあります。

現行の制度ができたのは、娘が確か3歳のころでしたから、1年くらいどの子どもにも助成がなかったことになります。

そのときの医療費の負担の重さは、ハンパなかったですよ。

冬場の2歳児なんて、病気のデパートみたいにいろいろもらってきます。胃腸炎にインフルエンザ、中耳炎に水疱瘡なんていう感じで、きりがないんです。

その都度初診になるので、3000円くらい払ったでしょうか。アレルギー関係だと、お薬が高いので、さらに支払うことに。

オチビちゃんは2日後にまた診察に来てなどと言われることも多くて、当時は月に2万円くらい医療費に消えていたと思いますね。

 

今は子どもたちの分はいいのですが、大人が病気になると、同じような事態になります。

流行っている感染症を子どもからうつされて病院にかかると、5000円札をお財布に入れていかなくてはなりません。

去年子どもに胃腸炎をもらってしまったとき、点滴にいろいろ薬を混ぜてもらったのですが、4000円くらいかかりました。

しんどいわ、お金は飛んでいくわで、泣きたくなりました。

この冬も、きっと何かもらうでしょう。今から少しずつ貯めておかないといけませんね。

今年も頑張って歩きます!

年末年始の恒例の?体重増加を解消すべく、さっそく今年もウォーキングを再開しました。

家の近くの池を4周するだけなんですが、3週間ほど歩いていなかったせいで筋肉の衰えが著しかったようで、さっそく筋肉痛が出ています。

でもやはり、歩くと気分が爽快になりますね。

滞っていた血流が良くなっているのもわかります。それに家でじっとしているといくらホットカーペットをしていても冷えがなかなかとれないのに、歩いて帰るとその後2時間くらいは体がホカホカして、スイッチも弱でじゅうぶんなくらいです。

それに脳も活性化するのか、前向きな気分になれますね。

まあ友人たちとおしゃべりしながら歩くので、年末年始の主人へのストレスなんかも、発散されたのは確かです(笑)

友人たちとはデトックスウォーキングと呼んでいるこの池の周りの散歩、もう1年半ほど続いているんですよ。

最初は私がひとりで歩いていたんですが、それをふと言うと、自分も自分も!と友達が集まってきて、今は4人で歩いています。

それぞれさほど体型は引き締まったなという実感はないんですが、健康にいいのは確かなようで、どのメンバーもあまり大きな風邪を引いたり体調を崩したりしていないみたい。

全員アラフォーということで、美を目指すよりはちょっとだけ健康になれたらそれでいい、っていうささやかな目標を持つことがいいのかもしれません。

今朝は雨だったので歩けませんでしたが、残念だなと思った自分を発見してちょっと驚きました。

いい感じでこの前向きな気持ちを維持できたらと思ってます。

抗生物質の思わぬ効果

ぐっと冷え込んできてから、アレルギー症状を発症してしまい、そこに細菌が感染して蓄膿のような症状が出てしまいました。

すぐに治るだろうとたかをくくっていたのが悪かったようで、微熱まで出始めたので病院へいくと、5種類もの薬を出されてしまいました。

細菌感染ということで抗生物質が出たんですが、これを飲み始めてから思わぬところが改善してきたのを発見。

 

それは、歯の傷みとニキビです。

歯なのか歯茎なのか、はたまた両方なのかわかりませんが、状態が悪く痛んでいたのが、すっきり痛みがとれてしまいました。歯茎もその部分ははれているようだったのが、引き締まってきているようです。

またニキビが2個ほどあったのですが、これも抗生物質を飲み始めて2日後くらいから急によくなり、4日めにはもうほとんど治っています。

 

恐らく、このふたつはどちらも細菌感染が原因だったんでしょう。

歯周病は感染症だという言葉を聞いたことがありますが、あんまり実感していなかったんです。でも自分が実際に経験してみると、とてもよくわかります。

虫歯もミュータンス菌が原因ですし、歯周病も歯周病菌が原因ですものね。

ニキビもアクネ菌が原因です。それらの菌にのきなみ抗生物質が効いてしまったんですね。

 

あと3日で抗生物質の服用が終わってしまうんですが、その後はいったいどうなるんでしょうか。

しばらくしたらまた、もとの状態に戻るのかな?

せっかく調子がよかったのに、ちょっと残念な気もしますが、いつまでも抗生物質を飲み続けるのもいけませんしね。思わぬ抗生物質効果でした。

 

歯の悩み

最近、なんだか歯が痛くて。

私はどういうわけか子供のころから虫歯があまりできない体質のようで、40歳を超えても銀歯などはなく、治療をするほどの虫歯が食ったことはありません。

ですが半年ほど前から、左上の奥歯のあたりがなんとなく痛むような気がしてきました。

歯が痛いのではなく、歯茎が痛い感じというんでしょうか。

先日家族で焼肉屋さんに行って、ちょっと固いお肉(多分ホルモンか何かでした)を左の歯で噛んだら、なんともいえない違和感があって。

歯がぐらついているのか、しっかり噛みしめられない感じがしたんです。

これって、うわさに聞く歯周病?もっと進んで歯槽膿漏?いろんな考えが頭を巡りました。

歯医者に行かないといけないことは、うすうすわかっているんです。でも一時のことだったみたい、なんてこともあるのかも?というわずかな希望にすがって、数日様子を見ているところなんです。

なにせ、歯医者が嫌い…というか、怖いんですね。

虫歯がなかった分、歯医者に通うことも少なくて、それゆえに慣れてないんです。

だけどもし歯槽膿漏だったら、大変なことになります。歯を次々喪って、ごはんがおいしく食べられなくなるなんて絶対イヤ。

まだ40代に入ったところなのに、歯が何本もないなんて、恥ずかしいという気持ちもあります。

実は今の家に引っ越してきて13年たつのに、行きつけの歯医者さんがないんです。それも問題ですよね。

まずはどの歯医者さんが評判がいいのか、そこから調べなくては…。近所のお友達にリサーチしてみますね。

雨の旅行で…

私は普段、体のニオイにとても気をつけているつもりなんですが、先日自分の足から強烈な悪臭を放ってしまいました。

ダブル台風が来ていた週末、以前から予定していた旅行へ強行出発し、案の定大雨にあい、スニーカーがずぶ濡れになってしまったんですね。

歩くたびに靴の中からグジュグジュと音が鳴るという、最悪の状態。

 

その日は帰宅する日だったので、そのままの格好で夕方の飛行機に乗りました。

外は寒かったのですが、空港は暖かかったので、足元もずいぶんと暖まり…その結果、自分でもわかるほどの異臭が足元から漂うことに。

靴を脱ぐと最悪なことになると分かっていたので、ちょっと脱いでタオルで足を拭きたいなと思ったけれど、ガマンして家に帰りました。

家族4人とも同じような状態だったので、玄関で靴を脱いだとたんに、最悪なことになりました。

幸い玄関に窓があるので、寒いのに全開に(笑)

夜遅かったので急いでお風呂をわかして、足を念入りに洗って、子供たちと暖まって出てきたら、主人がクサイ靴を全員分、ベランダに出してくれていました。

ありがとう!気が利くね♪と言うと、あんなクサイもん、いくら玄関の窓を開けてもリビングに漂ってくるねん!とのことでした(笑)

 

いくら気をつけていても、豊富な水分と雑菌、そしてひと肌の温度と長い時間という条件が全てそろうと、悪臭を放ってしまうということがよ~くわかりました。

雨の旅行には予備のスニーカーがいります。もしくは旅先で買う必要があります。

次回からは肝に銘じて出かけたいと思います!

新米の季節

「ゆる」糖質制限ダイエットについて先日書かせていただいたのですが、炭水化物大好き人間にとって危険な季節がまたやってきましたね。

実りの秋です。

というのも昨日、実家から取れたての新米が届きました。まだ今使っているお米は残っているんですが、新米という響きに我慢できなくなって、早速炊いていただいてみました。

やっぱり新米、たまりません。

炊きたての香りもなんともいえません。精米したてというのがまた、いいのかもしれません。

納豆や焼き魚やお味噌汁といったシンプルな組み合わせのおかずが、ごちそうに変わりますね。

結局4人家族、うち2人子供で3合のごはんを完食しちゃいました。

普段なら残りご飯を冷凍するところなのに、カラッカラです。

私は頑張って最初にお味噌汁やおかずを食べて…なんてしていたんですが、すぐに新米の美味しさに負けて、ご飯ご飯…になっちゃいました。

なんでしょうね、動物の本能というんでしょうか、炭水化物が食べたくなるのは。

クマも冬眠に備えて、炭水化物ばっかり食べまくるといいます。

 

とりあえず、夜10時に寝るとして、7時までに夕食を終えることだけ、今は考えておこうと思ってます(笑)

だって送ってもらった新米、30キロの袋に入っているんですもん。

しかも新米って、早く食べないとムシがわいたりするんですもん。

仕方ないですよね?

新米の季節は、おやつなんかはガマンして、7時までに食べ終える。

それだけ心がけておきたいと思います。

流れ毛穴、たるみ毛穴

先週末、久しぶりに時間があったので、メイクする前の自分の顔をまじまじと見てみました。

いつもは目立つシミやソバカスに目が行ってしまうんですが、その時は別のものに目が行ってしまいました。

それは、毛穴です。

今までの私の毛穴の悩みはオイリー肌ゆえの鼻の頭の黒いポツポツだったんですが、それ以外のほおの毛穴のボコボコがなんだか重力に負けて下向きに流れてるような気がしました。

目がとっても悪いので、鏡が曇るくらい近寄ってほおの毛穴をチェックすると、やっぱり流れてるのは間違いないみたい。

そして横から光が当たると、そのボコボコがミカンの皮そっくりだという悲しいことにも気づいてしまって。

これっていわゆる流れ毛穴、たるみ毛穴ってやつですよね。

顔全体のお肉が重力に負けて下向きにたるんで、それに引っ張られて毛穴もだる~んと下向きに伸びてしまうというやつ。

週末の朝だったんですが、一気に気分が暗くなって、家族でのスーパーへの貝だしに行く気がしなくなって、私だけお留守番することにしました。

恐らく今日いきなりなったんじゃなくて、ずいぶん前からなってたはずです。周りの人たちはとっくにそれを見て普通だというのに、私自身が自分の顔のたるみ毛穴に気づいていなかったんです。

そのこともダブルショックでしたね。ちょっと自虐的な気分にもなっちゃいました。

それからは毛穴を消すとか、ボコボコ毛穴解消とか、そんなうたい文句に超過敏になってしまってます(笑)

強力にたるみ毛穴を解消するコレ!っていう化粧品、ないもんでしょうか。

毛穴対策化粧品の選び方

「ゆる」糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットという方法が提唱されだしてしばらくたちますね。私の周りの人たちのほとんどがこれにトライして、ほとんどがことごとくギブアップしています(笑)

やはり白ごはんやパンを食べたい誘惑に打ち勝つのは難しいということですね。

私の周囲の人が特別なんじゃないと思うんですが、白ごはんやパンが大好きな人、すごく多いですよね。

私もそのひとりで、新米の季節なんかは白いごはんだけをおかわりしちゃうくらい、ごはん自体がおいしい。

ごはんは決しておかずと一緒に食べる添え物なんかじゃないんです。

だから毎日3回、しっかりと白いごはんを食べたい人は、糖質制限ダイエットには向いていないような気になってしまいます。

 

この糖質について調べてみたんですが、糖質そのものがいけないんじゃなくて、糖質をとることで血糖値が急激に上がることがいけないんですね。

だから食べる順番に気をつけたり、寝る前3時間までに食べ終えることを心がけておくことで、血糖値のコントロールができるようになるんです。

 

糖質を取ることはやめなくてもいいから、少し工夫して血糖値を急に上げないようにする。それくらいのゆるい糖質コントロールならできそうな気がしますね。

寝る前の糖質コントロールが特に重要で、早い時間に食べ終えておけば、眠った後にしっかり成長ホルモンが出て、細胞の修復が進んで老化防止にもなって一石二鳥。

糖質制限ダイエットにくじけた人も、寝る前3時間には食べないという最低限のルールを守るだけでもずいぶん違ってくると思いますよ。